グリーンスムージーで使う材料

女性にうれしい成分が入っている

グリーンスムージーといえば、緑の野菜を使わなくてはいけません。 では、どんな緑の野菜を使ったらいいのかというと原則何でもいいです。 適当に言っているのではありません。 どんな緑の野菜を使っても体調がよくなったからです。 ただ、どんな野菜を使ってもいいと言いましたが、苦手な味の場合もあります。

そこで、どんな野菜を使ってもいいですが、自分が飲みやすい味になるような野菜選びは必要になります。 通常、ほうれん草や小松菜を使うのが飲みやすいグリーンスムージーができます。 ただ、ほうれん草や小松菜そのものが嫌いな女性は他のものを使用することになるでしょう。 たとえば、レタスやみつばなどを使ってもいいでしょう。 この4つから選んで作ればいいのではないでしょうか

次に、使用する果物なのですが、これはバナナを使ってください。 バナナを入れたグリーンスムージーを飲んだ日は特に体調がいいです。 バナナと言えば、便秘解消のための食物として有名ですが、それ以外にも体が酸化するのを防止してくれる成分も豊富に入っています。 女性なら、しみやしわの防止にもぜひ食べたいのがバナナです。

さらに、グリーンスムージーでダイエットしたい女性もいるでしょうが、バナナを入れたほうがダイエット効果が高いことがわかっています。 私もグリーンスムージーでダイエットをしたことがありますが、バナナを入れたほうが体重の減りがよかったです。 このように、健康になりたい。美肌になりたい。痩せたいという体の悩みすべてを解消してくれるのがバナナなのです。 特にジュースにすれば、一度にたくさんのバナナが食べれるので効果を早く実感できるというわけです。

ここで作り方の注意点をお伝えします。 それは、バナナを入れてグリーンスムージーを作ると水分量が足りなくなりパサパサの状態になることがあります。 そこで、通常の場合よりも水を多めに入れるようにしてください。 その場合、一度に入れるのではなく、2回に分けて入れるようにしてください。 そうすることで、舌触りがいい状態に出来上がります。